遺品整理や葬儀の準備のマニュアル~段取り上手~

葬儀

急なときに備えておく

棺

墓石を作られる際、いろいろな墓石のタイプで作られます。
一つは洋タイプの墓石で作られており、和タイプとは違い、高さが低くなっており、横に広く作られています。洋タイプも和タイプと同様に使用されることが多く、様々な形で作られています。形は8種類ほどあり、三角な形をしたものや海外で使用されるような長く四角い形など様々あり、色も黒や白から、茶色やベージュなどカラーが豊富で、洋タイプならではのようなものが数多くあります。
また、この墓石を飾る、香炉や灯籠、お地蔵さんなどの石もあり、それぞれが違う意味を持つ石を墓石と一緒に飾ることにより、故人を守ってくれるという意味があるのです。

墓石を作ることも大切なことですが、遺品整理をすることも必要になるでしょう。そこで遺品整理の流れなどについて知っておきましょう。
遺品整理には、リサイクル出来そうな物、故人の大切な形見とされる物を親族に分別し、それを箱などに丁寧に包まれ分けていきます。
間違うことの出来ない大切な最初の作業になります。
リサイクルへ分けられた物は、業者の方がリサイクルショップへ持って行ってくれ、買い取りしてもらいます。
次に部屋から家具や家電などを運び出したあとは、清掃を行います。
引っ越しや入居前に行う清掃と同じで、掃除機やほうきで掃き掃除を行い、拭き掃除、お風呂や台所の水回りの掃除などの清掃を行います。
そしてリサイクルショップで引き取ってもらった家具や電化製品、衣類などを、ボランティア団体に寄付したり、リサイクルの材料として利用されるなどの振り分けされ、売れ残ってしまう遺品が出来てしまうこともあります。
その売れ残った遺品は、依頼を受けた業者の方が市町村のセンターに依頼し処分してくれる代わりに廃棄料金を支払うという形になります。