遺品整理や葬儀の準備のマニュアル~段取り上手~

葬儀

遺影写真や火葬祭の特徴

お花

遺影写真は、お葬式や仏壇に飾られる写真になります。
一般的な遺影写真と言えば、亡くなられた時期と近い時期の写真を飾られ、服装も黒や白のモノトーンカラーを使用されることが多く、表情も生前のときの見せるような笑顔な写真ではなく、表情を出さないような写真が飾られていました。しかし、今この遺影写真のイメージが少しずつ変わりつつあるのです。
それは、お葬式などではあまり明るい笑顔の写真は敬遠されていましたが、現在では、笑顔で、好きな服装で、自分のしたいポーズを撮ることが出来るので、希望される方が急増し注目されているのです。しかも、写真自体の色も黒っぽい色が一般的に使用されていましたが、これもカラフルなカラー色な写真が使用されてきていて、また、写真が小さくても大きく伸ばし、しかも加工も出来るので、綺麗な写真に仕上がることが出来るのです。笑顔で自分らしく、記念写真を残すかのように撮り残す。現在ではそのような一般的に使用される写真になってきているのです。

火葬とは、遺体を焼却する葬送の一手段である。現在、日本では葬儀の90%以上で火葬が行われている。そのため、もっとも一般的な葬儀の形態であると言うことが可能である。本来、遺体を焼却することそのものを火葬と呼ぶ。しかし、火葬を伴う葬儀の一切をまとめて「火葬」と呼ぶことが定着しており、「火葬をする」と言えば「葬儀の一切を行い、その後遺体を焼却する」という一連の流れを示していることがほとんどである。